寄席人(よせんちゅ)〜ローカル岡さんを悼む

01月18日 - 08時27分
投稿者:笠原さんご
カテゴリ:会員の日記

 2006年1月17日、ライブドア摘発を遥かに上回るニュース。漫談家のローカル岡さんが亡くなった。いま最も旬の色物芸人、現役バリバリの寄席の花の急逝は、本当に驚いた。
 ローカル岡さんの芸風はのったりとした茨城訛りで政治や社会風刺を淡々と喋る地味な高座。寄席の持ち時間は10分程度だが、その間に客がぐいぐい引き寄せられて行き、さざ波のような笑いがやがて爆笑の渦に変わっていくのがわかる名人芸だった。
 もちろん私自身そんな渦の中に身を置くのが無上の楽しさだった、今にして思えば…。実際はいつ寄席に行っても出演している空気のような存在で、ローカル岡という看板を目当てに行ったことはない
 時事ネタ中心だったためこれというギャグすら思い出せない。テレビを彩るタレントたちがメディアを通じて着実に印象を刻むのに対し、寄席芸人の何と軽く切ないものか…。
 それでも私の心にはしっかりと刻まれている、だから万感の思いをこめて漫談家・ローカル岡さんに合掌


現在 159 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:ますだまつり
次の記事:生涯現役
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ