水谷実雄の真実

07/06/17 - 23:58
投稿者:山田彰
カテゴリ:野球

楽天の山崎武司。
ソフトバンクの小久保裕紀。松中信彦は?
マリナーズの城島健司。
広島の前田智徳、そして喜田剛。緒方孝市。
西武の江藤智。
中日の立浪和義、中村紀洋。
阪神の若手野手のほとんど。
金本知憲は掠っていないかな。
オリックスのタフィー・ローズ。

「広島で育ち、神戸で学んで、夢破れまだ広島にいる馬鹿」
である、この山田彰が、何が言いたいか。

黙っていてもどうやら世の中分かってくれないので、言う。
ただ凄いバッターを並べたわけではない。

師匠は一人、同じ人物。
今年いっぱいで阪神を辞めた水谷実雄元コーチ。
山田が、山本浩二よりも衣笠祥雄よりも
はるかに好きだったこの殺気あるスラッガー。

投手で入団したのは、衣笠より先、後?
大スター扱いの山本浩司(当時)より確実に前だ。
名前ではなく、腎臓に持病があるから、仇名が「ジン」。
当時の広島には残酷な人がやはり多いのか?知らん。

外野手になり、元祖「恐怖の7番」として活躍。
1975年、初優勝の後楽園球場、ウィニングボールは水谷に。
恐るべき強運と凶運とが交錯する男、水谷実雄。
足が速くないの>
前[P.1/6]

現在 340 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:?????????????
次の記事:ハッスルハッスルハッスルエイド!
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ