三沢光晴

08/02/09 - 09:18
投稿者:メディコ5号
カテゴリ:サイン


三沢選手は、NOAHの社長であり、総帥。
 今なお、チャンピョンとして返り咲き、防衛を続けています。
 看板選手だけに、サインを貰おうと思えば機会もあるか思いま
すが、これは全日本時代のサインです。

 実は、この日は、全日本初の東京ドーム大会の2日後にあたり
ます。そうです。三沢選手が川田選手に初めて破れ、足に怪我を負い欠場に
入りました。
 記憶にあるかぎり、三沢選手が敗れて一番悔しかった相手であり、試合で
はなかったかと思います。
 そんな中、予定が決まっていた下関でのお祭りに律儀に参加されました。
 この日のお話でも、負けた悔しさを払うように、次は絶対に勝つ、もう負ける
ことはない!ときっぱりと言っていたことが、いまでも印象に残っています。


お祭り会場で三沢選手と

 この写真は、時代を感じますね。このときカードにサインを入れて貰いました。
今でもこうしてもっています。

 そして時代は流れ、NOAHへ。

先月、一緒に撮ら>
前[P.1/2]

現在 317 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:DEATH NOTE ?????
次の記事:20.2.9東京11R白富士S
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ