1994年のゴジラ松井秀喜

11月05日 - 13時31分
投稿者:笠原さんご
カテゴリ:野球も好きです

 現在発売中のナンバーで、1994年10月8日のセ・リーグ最終戦中日対巨人戦のドキュメンタリーを読んで、思い出したことがある。
 この試合の巨人のクリンナップは三番松井、四番落合、五番原。原はON引退後の巨人の四番を担ったものの、オールスターや日米野球の舞台では四番に座ることはなかった。オールスターでは同じセ・リーグに山本浩二や掛布雅之、日米野球ではロッテの落合がいたからで、それまで巨人の四番イコール球界の四番を当然と考えていたファンからは、実に心細く見えたのである。ちなみに引退直後に岩手県盛岡市で行われた日米OBオールスターを見に行ったが、ここでは山本浩、掛布を風下に従え四番に座り、万雷の拍手を浴びていた。
 この心細さを払拭するために巨人が打った手は至ってシンプル、球界の四番を巨人の四番に据えること。落合、そして後には清原と、巨人の戦力補強は大胆なものになって行く。
 外部からの戦力補強が進む中で巨人に入団したのがゴジラ松井であるから、松井もそう簡単には四番の座には座れない。落合、清原、広沢、江藤…、松井がどれほど力をつけても、巨人の四番は遠かった。

 が、この稿の本論はここからで、松井が巨人の四番を任せてもらえない時代、オールス>
前[P.1/2]

現在 156 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:雨の広島、マツダスタジアム
次の記事:
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ