津田屋官兵衛は、「レェーベルが違うんだよ!」

15/08/18 - 21:53
投稿者:メディコ5号
カテゴリ:その他

津田屋官兵衛は、うどんやさんである。店主は「うちは麺屋。

麺で遊びたいんです。」とのたまう。

北九州一の不動の人気店。豊前裏打会の総本山である。

 本やメディアでも多く取り上がられる
 
 自分は、うどんの発祥地といわれる博多の柔らかい麺も

香川の腰のあるのどごしのいい麺も

 関西のだしの効いたうどんも

 関東の醤油が香るうどんも(西日本の人間としては

最初は色とつゆが飲めないと思ったが慣れるとこれはこれで感

を持てるようになった。)

 稲庭うどんも、あご出汁の五島うどんもおいしくて好き

 でも、香川に軍配をあげつつある自分であったが


 正直な感想をいうと

 今まで長い人生の中で食べてきたうどんの中で

津田屋官兵衛のうどんは一番だと思います。

 まず、麺が黄色っぽい。

 細麺だが、腰があり、もちもちで、なおかつのどごしがいい。

 ここまで高いレベルでまとまっているうどんを自分は知りません。

 ごぼ天うどんを注文する人が多いが

 自分はざるうどんセットで、うどんと好きなミニ丼が選べます。

>
前[P.1/3]

現在 134 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:27.8.15新潟11R新潟日報賞、札幌11RSTV賞、小倉11R阿蘇S、27.8.16新潟11R関屋記念、札幌11RエルムS
次の記事:27.8.22新潟11R日本海S、札幌11R札幌日刊スポーツ杯、小倉11RTVQ杯
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ