伊調馨のパワハラ問題

18/03/19 - 16:37
投稿者:酔猫
カテゴリ:プロレスコラム


伊調馨のパワハラ問題

当然ながら、伊調馨は全く悪くないし被害者であり、悪いのは栄本部長であり、それを黙認していた協会。
昔、伊調馨が中京女子大を離れた後、協会から圧力かけられて、練習場所に困っているというのを聞いて、何だそれ、と思った。
オリンピックを連覇した人間に対してやる事かと。でも、協会の力はそんな実績ある個人より絶対なのかと凄く頭がきたのを思い出した。
その張本人が、栄本部長だったと言う事だろう。協会は、それを黙認していた。

相撲界もそうだが、協会など組織というものは、力を持ったものの自由になりすぎ。反論も通用しないのは、絶対におかしい。
伊調馨は、謙虚なので自分からは訴えない。文春記事が出たことで、かわいそうと思った伊調寄りの人が内閣府に訴えた。
オリンピックを4連覇して国民栄誉賞を取った人間を、絶対に救うべきだ。

ともかく、膿を出して、伊調馨がやりたい事をやれる環境を邪魔せず整えて欲しい。


現在 47 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:横綱日馬富士の貴の岩暴行問題は、いじめがなくならないのと一緒
次の記事:内田監督日大アメフト部危険タックル問題の闇
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ