仙台女子 7.1海峡メッセ大会

18/07/02 - 22:40
投稿者:メディコ5号
カテゴリ:プロレスコラム

見て取れます。それはそれでプロレスの味で楽しめますが

仙台女子は、中学生選手を入れて所属7名。

 マーベラスから、多くの選手をブッキングしてもらって興業が成り立っている。


 女子プロの傾向として(男もあるが)借りている選手やゲストが負ける姿は少ない。

いわゆるワークである。

 この日も試合は予想通りの結果。所属選手が負ける、

もしくははるか格上であっても里村が新人と引き分ける。

 (対戦したマーベラスの桃野美桜選手はは、体は小さいが気合と動きはよかった。

この日一番お客の印象が良かった選手かも)


 メインの永島千佳世&カサンドラ宮城 VS 橋本千紘&岩田美香

 確実に凱旋興行の宮城がとって、岩田が負けるという大方の戦前の予想通りの結果。

岩田もほぼ地元選手で、団体としては大いに美系選手として売り出したいところなのに。

 助っ人の永島千加世当たりからフォールを取れば、団体の未来につながるのに・・・。


これが女子プロの仁義なんだろうけど、昭和のプロレスから平成も終わる。

そろそろなんとかならないものかなぁ。 

 来年も同所で興行>
[P.2/3]

現在 4 ヘェ〜
※「ヘェーボタン」はPCからしか押せません。

前の記事:30.6.30福島11Rテレビユー福島賞、中京11R白川郷S、函館11RTVh杯、30.7.1福島11RラジオNIKKEI賞(G?)、中京11RCB
次の記事:30.6.23鈴木みのる30周年大海賊祭、中村あゆみのコンサート
コメント一覧はこちら .
コメント:

お名前:
メールまたはWebサイト:
情報を記憶しておく

トップページへ