(元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。 (元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。
ナビ BLOGトップページヘ HPトップヘ 掲示板 チャット プレッシャーって何? 管理画面へ(会員入り口)
カテゴリ: その他 将棋 会員の日記 プレッシャー活動 プロレスニュース プロレスコラム サイン 競馬 観戦記 野球 mobile 政治


BLOG形式(新しい順)
表示はコチラ

↑↑↑
コチラの方が分かりやすいです!
RSS0.91RSS2.0ATOM
人気BLOGランキング

このBLOGが面白いと思ったら上のバナーを押してください。
:: 記事ごとアクセス数ランキング
  (5位まで、直近7日間)
6位以下はこちらで。
20/09/23 -> 20/09/29
  1. BLOGって何?
    by サンボー杉山 [94]
  2. ???????????? ????...
    by 向維 新 [85]
  3. 私の栃ノ心、私の...
    by 笠原さんご [84]
  4. ???????????? ????...
    by 向維 新 [74]
  5. 飯田橋の串焼きと...
    by 酔猫 [64]
:: 記事ごと「ヘェー」数ランキング
 (5位まで、これまでの合計)
6位以下はこちらで。
  1. 飯田橋の串焼きとちゃんこ かぶき(グレート・カブキの店)[2173]
  2. 元GAEA山田敏代の店 居酒屋やまさんの厚揚げ[1362]
  3. 長与千種がRINGSIDE(リングサイド)という店をオープン[1217]
  4. ハッスル!両国 インリン様M字ビターンコンテスト[848]
  5. インリンのプロレス[762]
:: 最近の記事(10)


:: 最新のコメント(10)
最近コメント100件表示
:: 最新のトラックバック(5)
:: カレンダー
<   2020-09   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
::BLOGって何?
::プッブログって何?
:: このBLOG内を検索


:: LOG IN
:
:


管理人宛メール




スポーツナビ
nikkansports.com


カテゴリ:プロレスコラム

Prev [P.1/87] Next
カテゴリ: プロレスコラム

前田日明が負けた!

2020-05-17 - 13:30:10 投稿者:メディコ5号

 コロナの影響で、家で、陶芸、散歩、時々温泉の日々。

巣ごもり日常なので、部屋の整理もしている。

 でも、なかなかいっぺんにはいかない。つい見入ってしまうことも多々あります。

 一例をあげると闘魂スペシャル VOL.32新日本の公式パンフレットです。
 

上記のカードは、当日下関大会のもの。期日は、1987.4.20

 地方大会なのに、メインが猪木のシングル、セミも前田日明のシングル
なかなかのカード!
 しかも復帰したばかりのUWF軍団の総帥 前田がクラッシャー・バンバンビガロ
にピンフォール負け(スモールパッケージだったか)

 前田日明が新日本で負けたのは、いつ以来というぐらい。アンドレ・ザ・ジャイアント
との試合でも、アンドレを戦意喪失させた当時最強の呼び声高い前田の敗戦。

 多少の絵心が描ける木戸さんや藤原さんは星野さんのビッシビシファイトと
会場を沸かすファイトができていましたが、日々の興行をUWF選手と誰を当てるか
カード編成は頭が痛かったと思われます。
 
当時ビガロは、全席であの体で柔らかく技に意外と対応できていました。
 ガイジン選手ですが禁断のUWFと絡ませてどれくらい対応できるか
地方で試しだったのかもしれません。
 
 今のように情報が発達していなかった時代、一部関係者やマニアでは
語り継がれているこの試合ですが、知らない人も多かったと思います。

 こんな試合も見ていたんだと、ほら、なかなか進まないでしょう(笑)

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

コロナの影響

2020-04-26 - 21:32:50 投稿者:メディコ5号

コロナの影響で、自粛、出勤見合わせが続いているが、

旅行も行けない。店も観光地も開いてない。

 県外に出ると二週間出勤停止。家族が出ても二週間停止。

県外から家族が帰ってきても二週間出勤停止。

 まさに戦争中の規制のようなものを髣髴される。


部屋の整理をしていると闘魂スペシャルが大量に見つかった。

 これが、新日本の会場パンフにもなっていた。

ブレイジング・チェリーブロッサム・ビガロ87

ビガロが、メインのシリーズでカードが



4月20日月曜日の下関大会

 カードよくないですか!

 メインは猪木とバットニュース・アレンのシングル

 セミは、前田明(当時)とビガロのシングル

 蝶野は、ヤングライオン杯、ぶっちぎりだった橋本決勝戦で破って優勝したばかり。

 もうひとつが、IWGP&WWFシリーズ

 

チケットは中間大会でカードは唐津大会

 山田恵一 VS 武藤啓司 
 ストロングマシンNo1 VS マスクド・スーパースターのシングルが組まれている。

 地方であっても、この頃は魅力的なカードがよく組まれていたなぁ。

 これもコロナの効用で、プロレスの旅はまだ続くでしょう。
 


------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

週プロに記載された居酒屋やまさんの記事

2020-04-12 - 13:41:14 投稿者:酔猫

週プロに記載された居酒屋やまさんの記事
1997.12.31 年越しイベント
null
null

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

週プロに記載されたJWP海外ツアーの記事

2020-04-08 - 15:58:11 投稿者:酔猫

週プロに記載されたJWP海外ツアーの記事

ハワイ キューティ鈴木&尾崎魔弓
null
サイパン ひーちゃんず
null
中国 
null


------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

週プロに記載されたプレッシャーの記事

2020-04-08 - 10:26:00 投稿者:酔猫

週プロに記載されたプレッシャーの記事の切り抜きを見つけた。

プレッシャー忘年会 (ゲスト剛竜馬・佐藤編集長)
null
みちのく山形でのサスケ・石川雄規トークショー
null
プレッシャー7周年パーティ
null

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

週刊ファイトの投稿文

2020-04-05 - 13:24:12 投稿者:酔猫

昔の切り抜きをみていたら、週刊ファイトの投稿文が出てきた。
ファイトに記載されたのは、これと、I編集長追悼文ともう一つ位か。
SWS、UWFがあった時の投稿。
読んでみると、ちょっと恥ずかしい感じ。
追悼文もどこかにあるはずで、そっちの方がましかな。
null

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

1988年下北沢プロレススナック ステップル・ハウスが選んだベストバウトの週プロの記事

2020-04-05 - 12:27:55 投稿者:酔猫

下北沢すずなりにあったプロレススナック ステップル・ハウスが選んだ1988年ベストバウトの週プロの記事の写真を、とあるブログで見つけた。
他の年も、僕が写っていた気がするが、よく覚えてない。
この店は、週プロに紹介されたのをみてから、よく通ったものだ。

ここには、菊地選手、永田選手(日体大時代)、高田選手、筋肉マンの作者、モデルや俳優(的場浩二)なども来ていて、前田vsアンドレ、武道館のオールスター戦などの裏ビデオを観ながら酒を飲んでプロレストークしてた。
Gスピリッツで書いてる小泉悦次さんとは、彼が本名の塾講師時代に来ていて、よくプロレス話してた。

チケットもここで買っていて、新日後楽園の最前列に座った時に、隣に田中美佐子さんが来て、沢山のカメラマンが写真撮りに来た時も。
UWFのチケットは、用賀の事務所に僕がよく取りに行っていた。

田澤マスターが亡くなった時は、マスターが深夜によく電話していたターザン山本編集長に報告しに何人かとベーマガに行き、その追悼文が週プロターザン山本編集長の人気コラム「ザッツレスラー」に載った。
null

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

獣神サンダーライガーVS鈴木みのる戦の心は

2019-12-03 - 21:43:02 投稿者:メディコ5号



話題となった10.4 ライガー対鈴木みのる戦

試合後、鈴木の座礼 ライガーの「鈴木!ありがとな!」のセリフ

 棚橋、山崎さん、ミラノなど解説陣みんなが涙した場面。

直後のインタビューでは、今日は負けた、新日本プロレス再戦組めと

興奮していたライガー。



 12.2NHKの中国地方放送で真意が明らかに。

言わずと知れた、広島はライガーの出身地

12.8が地元の最後の登場となる。



 後輩に伝えたいこととして、プロレスは闘いであるということ


 そして引退試合までつつがなく過ごそうとしていた自分がいた。

そこへ鈴木が、「先輩新日本プロレスはそうじゃないだろう。

闘いの場だろう」ということを改めて伝えてくれた試合だった。

 だから感謝していると語っていました。


 地方の昼前の番組、どれだけの人が目にしたか分かりませんが

ライガー選手の率直な気持ちが語られていました。

 自分は、ライガー対鈴木みのるの試合は、2019心に残る試合でした。 

 

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

拳王、田村潔司に対戦要求「俺と真剣勝負して下さい」

2019-11-18 - 08:15:11 投稿者:酔猫

NOAHの親会社リデットの社外取締役田村潔司のコメントに怒った拳王、田村に俺と真剣勝負して下さいと対戦要求し、週プロの表紙を飾った。
全日本四天王プロレスを受け継ぐNOAHは、高山などU系相手でも好勝負していて、さらに総合でも杉浦がグレーシー相手に互角に闘っているの実績がある。
拳王は日本拳法の世界チャンピオンであり、今も明治大学に指導に行っている。

この拳王の対戦要求に田村はどう答えるか。
今後も目が離せない。
null

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

素顔の岩谷麻優

2019-08-02 - 21:34:56 投稿者:メディコ5号



 今朝インスタを開くと岩谷選手の投稿が

一番に飛び込んできました。

真っ赤な写真がひとつと

それはそれはインスタでは見られない長い文章がつづられていました。

 数年前に発症した心の病気のこと

 地元山口県美祢市で引きこもっていたときの心情


 地元なのでいろいろなところで聞き及んでいましたが

今日の 本人の言葉で 脚色のない事実と真実の心

 彼女にとって心の開放ともいうべき内容でした。


 自分は、感動して改めてファンになろうと思い、コメントを

書き込みました。


 数年前、岩谷選手の地元美祢市で懇話会の開催に奔走しました。

岩谷選手と相談して、一定の時間を話す講演会だと負担も大きく、

質疑を交えたトーク会を企画。

 地元凱旋の一歩となればということで

 市教育委員会の後援も取り付け、当日の市役所、教育委員会訪問の

準備をして、子どもたちを中心に参加者も募り、多くの協力を得ることができました。

岩谷選手の恩師もぜひ参加したいと言ってくれました。



 ・・・ところが、12月に入ってから、連絡、メールしても岩谷選手からの返答が

ぷっつりと途絶えました。当時スターダムプロモーションのS氏にもご支援いただき

説得もしていただきましたが、

彼女との連絡は途絶えたまま・・・。

 懇話会はそのまま期日の指定もできないため、時間切れで消滅・・・。

 当然、自分は多くの方々の不信を買って、3月にはその地を離れることになりました。

 
 会場に行って試合を見ても、岩谷選手のブースに行くことはもうありませんでした。

 でも、今日の独白を見て彼女の悩みや苦しみも自分なりに理解できたので

 今度からは、またしっかり応援しようというきっかけになりました。

 ところが、数時間後しばらくして開けるとその文章、投稿は跡形もなく

消えていました。

 焦げたパンの写真だけの投稿にさし変わっていました。


 やっぱりスター選手の本心をそのまま描いてはいけないのでしょうね。

 今はもう幻、どれだけの方が目にしたか分かりませんが

自分と向き合い、前向きな宣言と思える素直な言葉でした。


もう一度言います。自分は感動しました。

そしてまた応援する気持ちが沸き上がりました。


 

 




------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

長州力

2019-07-17 - 22:24:32 投稿者:メディコ5号

長州 力(ちょうしゅう りき)
 吉田光雄(よしだみつお)
 郭 光雄(カク カンウン)
 もう、よく知られたことだが、現在は、
差別も栄光もすべてを超越している。

  
 このほど引退試合を行ったが、一度東京ドームで行っているために
頑として大会場では行わず、後楽園ホール札止め、映画館での
パブリックビューイング(山口でもライブ開催)
でここで止まって、家族のもとに帰っていった。



フォールをかつての付き人、真壁に取られて試合終了


 「真説・長州力 1951-2018」を 紐解くと
いかに長州が新日本道場においても技術において倒されることがない
存在であったかということが多くの証言にて分かる。

 引退試合後に、アントニオ猪木の存在の大きさを上げたが、
愛憎半ばした時代から、はやり多くを学んだ稀有な人物であったようだ。

 藤波辰巳に「俺はお前のかませ犬ではない」(本当に言ったかは、いまだ
不明)からスタートした維新革命も、
実は、猪木のドラマづくりの働きかけがあったから引き起ったものであることが
分かっている。
 最終的に撃ったのは自分だが、引き金を上げたのは会長という長州の言葉が
プロレスとはなにかを知り尽くしている猪木への憧憬がいまさらながら
引退に際してこみあげてきたものと思われます。

 地元山口では、ファミリーバラエティ番組にも出ている長州

NHKでも!引退の特集も組まれました。

 
 母校桜ケ丘高校訪問も入っています。
 

 

  

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: プロレスコラム

さよなら博多スターレーン!

2019-04-01 - 22:35:40 投稿者:メディコ5号



 3.31 新元号「令和」も発表されるかという前日 
プロレス西の聖地といわれた博多スターレーンがその歴史に幕を閉じた。

この日は、大日本11:30~、東京女子14:30~そして19時からDDTの興行がラストを飾ることに。

 ミクニワールドスタジアムでのサッカー試合後、そのまま新幹線で夕刻博多入り。

スターレーンでは、メインの山下美優のマイクが続いていて、全員写真撮影

 女子選手による物販スペースでは、DDTの試合が開場されてもファンサービスが続いていました。


 さて、DDTの試合は全8試合  朱宗花 対 勝俣瞬馬の試合から始まって

中盤、博多スターレーンファイナル!コミカル、ワンダフル、スペシャル6人タッグマッチは

ディーノとササダンゴマシーンが下ーレーンの金子支配人を縛ってリング中央に置き

救出マッチを宣伝したところ、グダグダで、試合人の呼びかけで熱い再試合をすることに

 DDTらしい試合でしたが、(写真)ここで今日いつ興行が終わるだろうかという不安に襲われる。





 それにしても、メインまでパッケージとしてそれぞれの選手が持ち味と試合コンセプトを踏まえて

盛り上がる試合が続きました。

 せいもん払いスペシャル!3WAYエニウエィタッグマッチでは

会場のいたるところで試合、台車や通路の鉄板部分、HARASHIMA選手の階段落ちなど

プロレスの楽しさ醍醐味の一つを味わいました。

 



 いよいよメイン竹下幸之介 対 黒潮イケメン二郎

 イケメンが、入場でいつも以上に時間を使い、会場を明るく盛り上げる。

23時も目の前になり、激しい闘い、イケメンの関節が光ったが

丸め込みの応酬から竹下が勝利。

 後は全員で写真を撮り、ファンも入って写真撮影をしました。





今日が最後とはいえスターレーンの撤収時間も迫り、日が変わる!

ササダンゴマシーン坂井さんの呼びかけでお客さんも片付けに参加。

 心温まる一体感を感じました。

 いいもんだなプロレスって。明日は年度初めの仕事ですが

来てよかったなと思いました。

 当然日が変わって山口の川棚温泉まで帰りました。

 出口では、スターレーンのスタッフ総出でお客さんのお見送り。

これまたいいものでした。

  

最後に記念にスターレーンの歴史の詰まった会場の椅子が

ファンにプレゼントされた。

 スターレーンの名が入ったぼろぼろの椅子。

やっぱり貰って帰って新幹線の中の写真

ササダンゴマシーン、坂井さんから記念にサイン貰いました。

 


------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック 0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


Prev [P.1/87] Next