(元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。 (元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。
ナビ BLOGトップページヘ HPトップヘ 掲示板 チャット プレッシャーって何? 管理画面へ(会員入り口)
カテゴリ: mobile その他 グルメ コラム サイン日記 プレッシャー活動 プロレスニュース 会員の日記 将棋 政治 競馬 観戦記 野球も好きです


BLOG形式(新しい順)
表示はコチラ

↑↑↑
コチラの方が分かりやすいです!
RSS0.91RSS2.0ATOM
人気BLOGランキング

このBLOGが面白いと思ったら上のバナーを押してください。
:: 記事ごとアクセス数ランキング
  (5位まで、直近7日間)
6位以下はこちらで。
08/16 -> 08/22
  1. 長与千種がRINGSID...
    by 酔猫 (50)
  2. 焼肉ファミリー ...
    by 酔猫 (49)
  3. 元GAEA山田敏代の...
    by 酔猫 (44)
  4. 飯田橋の串焼きと...
    by 酔猫 (42)
  5. DDTレスリング...
    by 向維 新 (32)
:: 記事ごと「ヘェー」数ランキング
 (5位まで、これまでの合計)
6位以下はこちらで。
  1. 飯田橋の串焼きとちゃんこ かぶき(グレート・カブキの店) [1911]
  2. 長与千種がRINGSIDE(リングサイド)という店をオープン[1217]
  3. 元GAEA山田敏代の店 居酒屋やまさんの厚揚げ[1111]
  4. ハッスル!両国 インリン様M字ビターンコンテスト[689]
  5. インリンのプロレス[629]
:: 最近の記事(10)


:: 最新のコメント(10)
最近コメント100件表示
:: 最新のトラックバック(5)
:: カレンダー
<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
::BLOGって何?
::プッブログって何?
:: このBLOG内を検索


:: LOG IN
:
:


管理人宛メール




スポーツナビ
nikkansports.com




HOME (Archive) > DDTレスリングとんこつ 2011観戦記 (11.6.12 sun 於:博多スターレーン)
« 小橋、7.23から復帰! | DDTレスリングとんこつ 2011打ち上げIN がむしゃら (11.6.12~13 於:プロレス居酒屋 がむしゃら) »
カテゴリ: 観戦記

  DDTレスリングとんこつ 2011観戦記 (11.6.12 sun 於:博多スターレーン)

2011-06-16 - 06:21:27  投稿者:向維 新 

DDTレスリングとんこつ
2011観戦記
(11.6.12 sun
於:博多スターレーン)

 最初に書いておきますが
今回は「DDTだから」
こそ「辛目」の点数で
つけてます。

 ほかの団体だったら
満点で申し分ないところ
ですが、ご了承ください。

 満足度が高かったが
故にあえて書くだけです。
構成をずっと考えてたら
自然とこういう事に
なりました。

 では本題。

 この日は朝から雨。
早朝の用事をすべて
かたづけて、軽い
昼飯食って外出。

 案外すいすいと
小倉入りしたが、この
時期は修学旅行シーズン
なのね。

 だから悪天候なのに
駅は大混雑。

 おまけに降雨の影響で
列車のダイヤが乱れて
るらしい。今年はよく
こういう目にあうなあ。

 でも私が乗る新幹線は
普通通り来たのでそのまま
乗って博多入り。

 博多についても雨
だった。まあ当然なん
だが、やや蒸し暑い。

 スターレーンに
ついてみるとなんと
一階フロアにこの
後の大日大会に出る
アブドーラ小林選手
が普通にたっていて
びっくり!!

 トイレ済ませて
二階にあがってくると
既に人でいっぱい。
なぜか男色先生が
普通にうろうろしていた。

 その間にも続々選手
が入ってきて、邪魔に
ならないよう移動を
繰り返していたら
ニコラスさんが声を
かけて下さった。

 やっぱDDT好き
なだけあって楽しみ
にしてるようだった。

 そのうちがむしゃら
マスターや皆さんが
来られたので軽く挨拶
して会場入り。

 中に入ってみると
売店ではアントン、
大家、ひかるんが
売り子をやっていた。

 なぜか途中から
プレゼントされたエロ本
をうれしそうに
「いただきましたー!」と
アピーしたひかるん、それ
もらったらしまえばいい
のにずっと手にもったまま
(しかも表紙を表にして)
売り子してた。

 なんていいひとだ!
変態だけど^^

 途中から飯伏がサイン会
に現れると途端に黒山
のひとだかり!

 はっきりいって試合
開始前の前説時もずっと
サインしていた。

 さすがスーパーJr
優勝効果!

 あまりの人に大家が
「申し訳ありませんが
サインのみでお願いし
ます」というほど人が
いた。

 だからというわけでは
ないんだが前説聞いて
ない人が大分いて、また
新藤さんが出てくるもの
と思っていたらしい
お客からすると、
ブーイングができない
分、ちょっと損した感が
あったような・・・

 説明を映像でできない
分はまとめて前説で
説明するより試合ごとに
入れてもらえると親切
だったかな?

第一試合
○美月凛音(7分02秒 原爆
固め)平田一喜×

 はっきりいうと試合
の8割は平田が押して
いた。

 美月は形が悪いなり
に感情を表にだそうと
必死な感じがしたが
平田としては地元の顔
でもある美月をたてねば
ならないし、難しい
所だったと思う。

 ほぼ同じ体型のMIKA
MIがあれだけ説得力
がある試合ができて
美月にそれができてない
のは正直歯がゆい。

 でもほかのどこで
見るより博多では
頑張るんだけど、なかなか
お客に認められてない
っていうのがわかって
しまうのがつらいかな。

 あれだけきれいな
ジャーマンが全く説得力
がないってもったい
ないよ・・・

第2試合
ボブゲーム5thシーズン
○男色ディーノ[ボブ・
サップからの刺客]
(5分39秒 ゲイ道クラッチ)
ゲイロン・サマーズ×

 この試合が結局なぜ
ボブゲームとして
行われ、ボブと闘うはず
の男色先生がボブの刺客
としてでてこなくては
ならないのか?が観客
に伝わってない気がした。

 とはいえ男色先生は
エンジン全開!
ただあおりがやっぱ新藤
さんに比べると弱い。

 いつも通りこれという
獲物を見つけては
唇を奪っていく男色
先生(被害者の中には
ブル健さんや子供さん
もいた^^喜んでた
けど^^)。

 そして、試合はいつも
んのとおりの男色ワールド
一色^^

 タイツの引っ張り合い
は往年の藤波対マードック
を思い出した^^

 しかもこの日
なぜか一日2試合を闘う
男色先生にしては比較的
淡泊な試合運びでマイク
もあっさりめで終了。

第3試合
3WAYマッチ

○MIKAMI(6分01秒 スワトーン
ボム)ばってん多摩川×
※もう1人は、大石真翔

 これまた地元凱旋
のばってんを立てないと
いけない試合。

 ただ、美月はまだしも
ばってんは大社長はじめ
として多くのレスラー
やファンからリアルに
嫌われるオーラを発した
ガチヒールなんで^^
これをどうベビーにした
てるか?

 それこそ腕試しという
感じだった。

 前回は誰が相手でも
100%嫌われる
汁レスラーマイケルが
神がかった仕事を見せて
くれたものの、今回は
MIKAMIと大石。

 仕事のできる二人
だけに安心してばってん
もリングにあがれた
だろう。

 歓声は実際過去の博多
大会でもっとも多かった。
 
 もっともそのあとの
ばってん芸でだんだん
空気が怪しくなって
いったんだが、それでも
アイダホ、ミネソタ、
ミシシッピがあんなに定着
してるとは^^

 この試合で唯一残念
だったのは、プロレス頭
をフルに使いきった
大石が足を痛めてしまった
こと。途中MIKAMI
やばってんを裏切ったり
結託したり3WAYなら
ではの展開をみせていた
ので惜しかった。

 それをみてかやや強引な
感じでMIKAMIが
ばってんにとどめをさす
恰好で試合は決着したが
大石があそこまでできる
とは思ってなかったんで
それは収穫だった。

 怪我の具合は心配だ
けど・・・
 
第4試合
KO-D次期タッグ選手権
挑戦者決定戦
○ケニー・オメガ、中澤マイケル
(14分46秒 クロイツ・ラス)
佐々木大輔、アントーニオ本多×

 これもシットハート
を追放になったマイケル
がなぜかケニーと組んで
タッグ戦線に名乗りを
あげてるんだが、まあ
飯伏がああいう形で
IWGPJrのベルト
取りに行くことになってし
まった以上、ケニーほど
の逸材を遊ばせておくわけ
にはいかず、たまたま
処遇に困ってたマイケル
をあてがったという感じ
に見えた。

 とにかくタッグ挑戦者
決定戦なのにマイケル
1人にブーイングが集まって
1対3の試合みたいになって
しまった。

 ケニブシがまた完成
されたチームだったから
余計マイケルの汁っぷり
が際立ってしまい、
タッグマッチとしては
バランスが悪かった。

 とはいえどこへ入っても
それなりに仕事をこなして
しまうマイケルはやっぱ
達者な人だなあと思わずに
はいられなかった。

 最初は不自然だった
ケニーとのタッグを成立
させ、自分の見せ場も
作って、フィニッシュは
ケニーに任せて自身は
ブーイングをあびるという
もう汁キャラとしては完璧
な仕事をしていた。

 ただもう、いい加減
「ほてってきたぜ~」
に代わるフレーズを探した
方がいいかな?

 なんかお客も飽きてた
みたいだったし^^

第5試合
TKG48vsグランマ、
ディック東郷、最後の
DDT博多大会(30分1本勝負)
○入江茂弘、高木三四郎
(15分21秒 ダイビング・
テディベア)ディック東郷、
ヤス・ウラノ×

 これは現在ユニオンに籍
を置く大社長が6月引退
が決まってる東郷さん
のラストマッチに名乗り
を挙げて、最後の別れ
を惜しむ試合になるか・・・
思いきや、真意は別な
ところにあった。

 なんと今本当に各方面
から絶賛されている有望株
入江に対して上級のプロレス
教室を施すという展開
にもってきたのだ。

 特に世界を知るディック
東郷の所作一つ一つを
自分ではなく入江に刻ませ
た大社長の親心が伝わって
来る試合だったといって
いい。

 ヤスもここぞとばかり
に職人の引き出しを
引っ張りあけて入江に
まだ見ぬ境地をたたきこんで
行く。

 だがこれにこたえてしまう
のが今の入江なのだ。

 本当にあのディック
東郷に対して位負け
するどころか押せ押せ
で試合に臨んでいく。

 この男はどこまで伸びる
のか?そこが知れない
とはこのことだった。

 本来なら壮行試合と
して主役になっていい
東郷さんが控えめに
しかししっかり次世代に
バトンを渡そうとしてる
・・・

 その一挙手一投足
をこの目で焼き付けねば
と括目してみていた。

 ダイビングセントーン
で「ありがとう!博多!」
といってくれたのは
嬉しかったなあ・・・

 この会場でスペル・
ニーニョと第一試合
ででていた厳鉄魁が
今ディック東郷をして
去っていく。。。。

 感無量だった。
いろんな思いが頭を
交錯していって・・・

 マスクマンSATO
としての凱旋もあった。

 その歴史の全てを見た
わけじゃないけど長く
見てきた選手のはじまり
と終わりをこうして見届け
られたのはある意味
感動的だった。

 最後も肉声のみの
やりとりだったのが
逆によかったかもしれ
ない。

 ありがとう。
東郷さん。そして
入江が未来を見せて
くれたことでこの試合が
ただのセンチメンタル
マッチにしなかった
という意味では最高
の幕引きになったと
思う。

 ここで休憩。
売店はあいかわらず
混雑していた。

 試合後東郷さんも
大社長もブースにはいって
いた。皆それぞれなごり
惜しそうにしていたのが
印象的だった。

 プロレスの引退は
あってないようなもの
だが、直感で皆二度と
みられないって
わかってたんだろうなあ。
きっと・・・

第6試合
蒼馬様が持つ「いつでも
どこでも挑戦権」をかけた
試合(30分1本勝負)
○高尾蒼馬(11分30秒
ダイビング・ギロチン
ドロップ)石井慧介×

 この試合はある程度
予想のついた試合だった。
なぜか?

 それはあえて「高尾」
と書くが、彼が「蒼馬様」
のままでは勝てない
相手、それが石井彗介
という選手だったからだ。

 シットハートを付け
焼刃とはいわない。
彼のキャリアで一ユニット
を引っ張っていくという
のはかなりきつい事だと
思う。

 ましてや腰ぎんちゃく
の松永もいない。
つまりこの日たった一人
のシットハートとして
むしろ蒼馬様のままで
闘うという手段もあった
のではないかと思う。

 だから高尾に戻って
しまった蒼馬様には
ダーティプレイにも
ブーイングすら飛ばない。

 余裕のなさが完全に
裏目にでた格好だ。

 だが立場は人を作る
っていうけど、やっぱ
リーダーとしてやって
いかないといけない。
リアルにブーイング
をもらえるマイケルも
巧者・佐藤光留もいない。

 そんな意地だけが
唯一高尾ではなく蒼馬
様だったといっていい。

 そこを攻めきれな
かった石井にも非は
あったが、ぶっちゃけ
何のためにいつでも
誰でも挑戦権がかかって
るのかがイマイチ
見えなかった。

 これはヤングドラマ杯
ではないのだ。
そこを二人とも勘違い
してほしくなかった。

 本当に嫉妬すべきは
東郷さんの相手をして
自分を消さなかった
入江茂弘だという事を
わすれないで欲しいと
思う。

 いい試合だったけど
2人ともできる選手
だけにやはり入江の領域
にまで迫ってくれないと
いつまでたってもこの
カードは「未来のメイン
イベント」以上にはなれ
ない!

第7試合・メインイベント
飯伏スーパーJr優勝後
の初試合!
6人タッグマッチ(30分1本勝負)
○HARASHIMA、飯伏幸太、佐藤光留
(21分07秒 蒼魔刀)KUDO、
旭志織、男色ディーノ×
 
 田口との激闘(これは
順序逆で後からみたん
だが)を制し、見事
他団体所属で初の優勝を
もぎ取った飯伏に立ち向かう
は今や一大勢力になりつつ
ある男'Sクラブの面々。

 やっぱ男色先生の意地
もあって、いやでも
注目の集まる飯伏にいい
恰好はさせられない。

 と同時に両国という
年に一度のビッグマッチ
のメインを任される
KUDOにしても
正念場の試合になった。

 果たして6者6様の
個性が全開でぶつかりあう
好試合に!

 なぜか12月の3分の
計の続きみたいな感じで
KUDOにはひかるん
が、飯伏には男色先生
が絡んでいく。

 特にKUDO相手に
するときのひかるんは
本当イキイキしてて
見てて気持ちいい!

 バッチバチの蹴りあい
しばき合いがこれでも
かと展開され、男色
ワールドがそれに絡んで
そこに旭とHARA
SHIMAという千両役者
が脇を固めるわけ
だから面白くならない
はずがない!

 今回飯伏に対しては
強気の男色先生もキスが
習慣化してる西洋人の
ゲイロンや変態のひかるん
相手ではキス攻撃が
成立しにくい。

 しかしここでもバチバチ
のキスバット(ヘッドバット
ではなく^^)を仕掛けて
いくんだからさすが男色
先生!!

 やっぱこの人総選挙で
1位のとれる選手だわ。

 呆れながらも脱帽せざる
を得なかった^^

 飯伏が全面にでてくる
という展開はいい意味で
裏切られて逆にDDTという
ブランドがもう
高木社長なしで
やっていけてる現実
を教えてくれたメインだった
と思う。 

 いい意味で飯伏が目立たな
かったというのはそれだけ
凄いってことだよね。

 だって今が旬の
飯伏を全面にだせば楽に
試合が成立するのに
それをよしとしなかった
んだから・・・
5人のプロ根性が存分
に発揮された試合だった。

 特に男色先生のインチキ
蒼魔刀に対して本物が
とどめをさしたのも
よかった。
 
 が・・・

 やはり前回と比較しちゃう
とやや物足りなさも
残った。

 なぜならば!

HARASHIMA
が「鍛えているからだー」
をやらなかったから
ではなく、全体的に
地方の一大会をして
両国までの1ステップ
にしかなってない印象
が残ってしまったから
だ。

 確かに一年の総決算で
ある両国は大事な大会
である。

 だがレスリングとんこつ
もまた年に一度のDDT
のビッグマッチなんだから
もう少し両国色は抑えて
欲しかったなあ。

 そろそろ映像は無理
だとしても、ヨシヒコ
くらいが出てくる
サプライズはあって
欲しかったなあ。

 今の博多のお客なら
彼が出てきても大歓声
だろう。

 あえてDDTだから
こそ!注文を付けてみた。

 試合後、すっかり
ファンに戻ったTA-KI
さんやジェロニモさん
たちとしばし話をして
大日に残るTA-KI
さんたちとはわかれ
私は一足先小倉に
戻った・・・



--------------------------------------------------------------
この記事が「面白かった」「タメになった」と感じたなら↓を押してあげてください
ココを押してね現在 173 ヘェ~

こちらもクリックお願いします。クリックでランキングが上がります →



■同じカテゴリーの記事(新しい順10件まで)
17/08/03 29.7.27 NOAH後楽園 GHC中嶋勝彦VSブライアン・ケイジ by 酔猫
17/07/29 29.7.29新潟11R佐渡S、札幌11RTVh賞、小倉11R薩摩S、7.30新潟11RアイビスサマーD(GⅢ)、札幌11RクイーンS(GⅢ) by 酔猫
17/07/18 29.7.14SEAdLINNNG後楽園 高橋奈七永デビュー21周年 by 酔猫
17/07/18 29.7.13 NOAH後楽園 ジュニアタッグ・リーグ by 酔猫
17/07/15 29.7.15福島11R安達太良S、中京11RマレーシアC、函館11RSTV杯、7.16函館11R函館記念(GⅢ) 7.13NOAH後楽園、7.14SEAdLINNNG後楽園 by 酔猫
17/06/12 29.6.4NOAH後楽園 三沢追悼興行 by 酔猫
17/05/04 レスリングどんたく2017 福岡国際センター by メディコ5号
17/03/27 29.3.12 NOAH横浜文体 by 酔猫
17/03/16 29.2.24NOAH後楽園 by 酔猫
17/02/03 29.1.24 やまだかつてないNOAH by 酔猫


このページの最上段へ↑

コメント

DDTも、気がつけば選手層がメジャー並みに厚くなっている。
しかも、試合が多様にわたって楽しめるのがいい。

何事も諦めずに経験を積めば結果が出るって事だね。

投稿者:酔猫 2011-06-16 22:43:47 


酔猫さん

 コメレス遅れてすいません。
そのDDTの飯伏がいまやIWGPJrの王者ですからねえ。すごい世の中です。 

投稿者:向維 新 2011-08-06 14:25:56 



このページの最上段へ↑

コメント入力はコチラ

:

:
:


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません


[注意]「poker」「holdem」「wsop」(半角)という言葉を含むコメント・トラックバックは入力されません(スパム対策)。