(元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。 (元)週刊プロレス投稿常連会・プレッシャー会員が共同で記事を書いているブログです。
ナビ BLOGトップページヘ HPトップヘ 掲示板 チャット プレッシャーって何? 管理画面へ(会員入り口)
カテゴリ: mobile その他 グルメ コラム サイン日記 プレッシャー活動 プロレスニュース 会員の日記 将棋 政治 競馬 観戦記 野球も好きです


BLOG形式(新しい順)
表示はコチラ

↑↑↑
コチラの方が分かりやすいです!
RSS0.91RSS2.0ATOM
人気BLOGランキング

このBLOGが面白いと思ったら上のバナーを押してください。
:: 記事ごとアクセス数ランキング
  (5位まで、直近7日間)
6位以下はこちらで。
12/11 -> 12/17
  1. Kai自主興行保土ヶ...
    by 荒井ガー (133)
  2. 飯田橋の串焼きと...
    by 酔猫 (66)
  3. 焼肉ファミリー ...
    by 酔猫 (61)
  4. 元GAEA山田敏代の...
    by 酔猫 (50)
  5. 水谷実雄の真実
    by 山田彰 (46)
:: 記事ごと「ヘェー」数ランキング
 (5位まで、これまでの合計)
6位以下はこちらで。
  1. 飯田橋の串焼きとちゃんこ かぶき(グレート・カブキの店) [1926]
  2. 長与千種がRINGSIDE(リングサイド)という店をオープン[1217]
  3. 元GAEA山田敏代の店 居酒屋やまさんの厚揚げ[1131]
  4. ハッスル!両国 インリン様M字ビターンコンテスト[706]
  5. インリンのプロレス[640]
:: 最近の記事(10)


:: 最新のコメント(10)
最近コメント100件表示
:: 最新のトラックバック(5)
:: カレンダー
<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
::BLOGって何?
::プッブログって何?
:: このBLOG内を検索


:: LOG IN
:
:


管理人宛メール




スポーツナビ
nikkansports.com


■カテゴリー:野球も好きです

Prev [P.1/21] Next
カテゴリ: 野球も好きです

1994年のゴジラ松井秀喜

2011-11-05 - 13:31:02  投稿者:笠原さんご 

 現在発売中のナンバーで、1994年10月8日のセ・リーグ最終戦中日対巨人戦のドキュメンタリーを読んで、思い出したことがある。
 この試合の巨人のクリンナップは三番松井、四番落合、五番原。原はON引退後の巨人の四番を担ったものの、オールスターや日米野球の舞台では四番に座ることはなかった。オールスターでは同じセ・リーグに山本浩二や掛布雅之、日米野球ではロッテの落合がいたからで、それまで巨人の四番イコール球界の四番を当然と考えていたファンからは、実に心細く見えたのである。ちなみに引退直後に岩手県盛岡市で行われた日米OBオールスターを見に行ったが、ここでは山本浩、掛布を風下に従え四番に座り、万雷の拍手を浴びていた。
 この心細さを払拭するために巨人が打った手は至ってシンプル、球界の四番を巨人の四番に据えること。落合、そして後には清原と、巨人の戦力補強は大胆なものになって行く。
 外部からの戦力補強が進む中で巨人に入団したのがゴジラ松井であるから、松井もそう簡単には四番の座には座れない。落合、清原、広沢、江藤…、松井がどれほど力をつけても、巨人の四番は遠かった。

 が、この稿の本論はここからで、松井が巨人の四番を任せてもらえない時代、オールスターや日米野球における不動の四番は松井だったのである。
 オールセントラルだろうが全日本だろうが東西対抗だろうが、先ず四番に松井秀喜の名を書いて、前後の打順を埋めていく。同時期にパ・リーグの看板だったイチローにしても、一番か三番か迷っていた時代、松井秀喜の四番としての説得力と存在感は群を抜いていた。
 最終的に松井秀喜は巨人の四番に君臨し、惜しまれながら日本球界を後にするが、とにかく文句なしの球界の四番か、巨人では三番を打たされる時代は印象に残っている。

 今季、クライマックスシリーズにはどうにか進んだものの、見せ場なく敗退した巨人軍。松井秀喜が戻ってくる可能性はあるのだろうか?


------------------------------------------------------------
|| コメント1 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

雨の広島、マツダスタジアム

2010-05-23 - 22:28:59  投稿者:メディコ5号 

 前日から広島入りして万を持しての野球観戦。

今日は、西武VS広島の試合を観戦予定でした。

前夜10時頃から降り出した雨は今朝から全く止

むことなくずっと雨でした。

さすがに試合も中止。

瀬戸内海気候は、雨が少ないという社会の学習に

一縷の望をかけていたのですが。


 遠くなかったのでマツダスタジアムに行ってきました。

null
歩道の終了地点と球場

広島駅から球場と同じカラーの歩道を歩いていくと

マツダスタジアムが見えます。

途中カープの歴史や選手の紹介などの掲示物が続き

たいくつはしませんよ。

null

null

 雨の球場は泣いているようで寂寥感がただよい

感傷に浸れます

今日は岸の先発が予定され、いいゲーム見れそうだったのに

 まぁ、こんなこともあります。

球場の無料スペース。中が良く見えます .
null

null
 JRに乗るとこの文字が目に入ります。

新幹線は、高架なので球場の中がよく見えます。

スタンドに椰子の木もあってボールパークという

雰囲気が出ています。

 ドームは中止が無くありがたいですけど

空の下での野球はやはりいいと

雨の中で寂しそうな球場に言ってあげました。


------------------------------------------------------------
|| コメント7 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

木村拓也、逝く

2010-04-10 - 03:40:53  投稿者:うっず 

ジャイアンツの木村拓也コーチが亡くなられた。奇しくも三沢光晴が亡くなった広島の地で・・・
私は元々木村コーチが所属していた広島カープのファンでもあり、木村コーチとは同学年に当たる(木村コーチは4月で私は3月なので実質1年違いますが)事もあり、かなりの衝撃を受けました。

「きむらたくや」という名前は某国民的グループの人と全く同じ名前で有名だったのですが、その国民的グループのある歌の歌詞には「ナンバーワンよりオンリーワン」とありますが、まさに木村拓也という選手には相応しい言葉だったと思います。ピッチャーを除く8ポジションが守れて、更にスイッチヒッター。記録としては突出したものはなくとも、「オンリーワン」の存在であった事は間違いないでしょう。

日本プロ野球界にとっても大きすぎる損失ではないでしょうか。
いつかはカープに戻ってきて欲しかった・・・心よりご冥福をお祈りします。

------------------------------------------------------------
|| コメント2 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

おかえりなさい...

2010-03-18 - 11:39:10  投稿者:向維 新 

  オリックスが「バファローズ」の名称を来季から変更
する方向で調整していることが17日、分かった。
新名称は一般公募で決める方針で、本拠地名の
「大阪」も冠する予定だ。04年オフの球団統合で
近鉄から引き継いだバファローズの名称は消滅する。
ユニホームも大幅に刷新し、真の新球団
として生まれ変わる。

 59年の「近鉄バファロー」に始まり、62年に
「バファローズ」と改称され、半世紀近くも愛されてきた
名称が今季限りで消える。オリックスは合併の象徴とも
いえるチーム名をあえて消滅させることで、新球団
として新たな出発を目指す狙いだ。

 すでに宮内義彦オーナー(74)の了承も得ている。
新名称は91年の変更時と同様に、一般公募を経た上で
球団サイドが最終決定することになりそうだ。

 05年からホームユニホームなどで使用する
「Bs」(ビーズ)の略称が定着しているため、
そのまま「ビーズ」を採用する案もあるが、
「新生」を強調するため新愛称を用いることが
濃厚で、「ブルーウェーブ」に戻す可能性は低い。

 88年に阪急を買収。3年間はブレーブスの
名称を引き継いだが、91年にブルーウェーブに変更。
95年からのリーグ連覇など黄金期を経験するなど
神戸の球団として定着したが合併で再び、
大きな変革を迎えた。

 近鉄は07年限りでオリックスの球団経営から
完全撤退。合併以来、ユニホームの左袖に
付けていた「近鉄」の広告もなくなり、在籍選手や
スタッフをのぞけば“名残”は愛称だけだった。
旧球団の名前を残すことが融合の妨げになるとの
意見も球団内で根強く、チーム名変更は数年前
から検討されてきた。

 オリックスは合併時に、本拠地を大阪と神戸の
ダブルフランチャイズとしたが、08年からは大阪に
一本化した。来年は本格的に「大阪の球団」を
アピールする節目と位置づけており、そのタイミングで
名称変更に踏み切るとみられる。
また、球団名も初めて地域名を冠し「大阪オリックス」に
する可能性が高い。

 旧近鉄ファンの落胆は予想されるが、球団幹部は
「近鉄ファン、オリックスファン、大阪や神戸の人々など、
複雑な思いや事情がある。それらを踏まえて慎重に
話を進めないといけない」と話す。球団繁栄のため、
名実とも「大阪のオリックス」に生まれ変わる。
2日後にはバファローズのラストイヤーが開幕。
岡田監督のもと変革の道を突き進むオリックス
の戦いが注目される。

 というより、これはなくしてもらった方がいい。
元.近鉄ファンから言わせていただければ
オリックスがバファローズを名乗っているのは
不愉快きわまりなかったから。
もう近鉄バファローズはないのだし、
どんなに望んでも復活はないのだから、
それなら潔く消滅してくれた方がいい。

 バファローズは近鉄ファンだけのモノだから。
これで自分たちの元にバファローズ
がやっと返ってきてくれる。
もはや亡霊にしがみついてまでオリックスを
応援する必要はなくなったのだから、
むしろ歓迎すべき事だと思う。

------------------------------------------------------------
|| コメント3 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

桧山さん、ありがとう!!

2009-08-08 - 06:58:13  投稿者:向維 新 

 実は、しばらくほったらかしにしていた
拙.旧.ブログの管理画面に入ってみた。

 そしたら...
なんと新着コメントがあるではないか!

 その人の名は「桧山泰浩」!!
元.近鉄投手にして背番号24の
あの「桧山」である。
null
 どうやら私が書いた
「№1249 桧山泰浩元投手の今」を読んでいただいたらしい。

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/1245-2a58.html?cid=58189406#comment-58189406


>引退後は大阪で2年間、衣料品会社で勤務。
しかし「今までプロ野球選手のやったことのない仕事」
をしたいという思いが募り、高卒でも取得可能で、
かつ難易度の高い司法書士に挑戦、
94年より地元、福岡に戻り、司法書士事務所で
事務員として働きながら、1日1~2時間机に向かった。
96年2度目の挑戦で合格。合格率2.6%の難関を
突破。
 現在は97年に福岡市中央区に個人事務所を開設。
98年からは予備校の司法書士コースの講師も。

 野球で培われたスタイルは今も変わらないという。
(記事抜粋)

 ありがたいことに、ご丁寧にも
「ありがとうございます。猛牛魂は永久に不滅です。これからもよろしく。」

投稿: 桧山泰浩 | 2009年8月 4日 (火) 11時37分

 というコメントまで寄せていただいた。
もう感激である!!

 ああ...近鉄ファンでよかった~^^!!!!!!!

------------------------------------------------------------
|| コメント4 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

アルバムに眠るバッテリー

2009-06-28 - 17:25:32  投稿者:笠原さんご 

 西鉄ライオンズOBの和田博実さんが亡くなりました。私はもちろん現役時代は知りませんが、つい最近まではノンプロサンワード貿易で指導者をされていました。
 2001年にBBMが発行したカードがあまりにもかっこよくて、なんとかサインが欲しかった。念願叶ったのは二年前、マスターズリーグのコーチに参加された時です。
 試合前の練習中、ネット越しに声をかけると、ニコニコと近づいてきて丁寧にサインを入れてくださいました。
「この頃は若かったね〜、今はもうおじいちゃんだ」と寂しそうに笑っていましたが、「いや、まだまだお若いですよ」と言うと、「ありがとう」と手を挙げベンチに消えて行きました。

 今頃は待ち兼ねていたであろう稲尾和久さんとのバッテリーを復活していることでしょう。
 私の野球カードアルバムにも、二人のカードを並べて入れました。
合掌

------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

スタン.ハンセン.ジュニア、マリナーズから指名!!

2009-06-12 - 17:52:30  投稿者:向維 新 


http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20...

 これはうれしいなあ。
ちょっとメジャーも見たくなってきたなあ。
入場曲に「サンライズ」使ったり、
ホームラン打って「ロングホーン」とか
やってくれたら、たまんないだろうなあ...

 勿論、メジャーにあがってきたら、見ますよ!
ちょっと野球熱がぶりかえしたかな?

------------------------------------------------------------
|| コメント8 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

WBCはハングルで

2009-03-09 - 23:29:29  投稿者:メディコ5号 

 自分は中国戦も韓国戦1も見ていません。

仕事であり飲み会でした。
ゆっくり楽しみたいときになんで!!と呪いたくも
なりました。
そして今日は見るぞと思っていたところ、
やっぱり職場からなかなか出られず・・・。

ようやく仕事が終わってから車で家まで帰る・・・。
早く野球が見たい。でも道のりは遠い。

ラジオの野球中継をと探すが、あろうことかどこも
やっていない。

やってくれよどこかで、NHKさんこんな時こそ出番では?

そこで思いついたのが韓国の放送を聞くこと!!
当然やってました。

カーラジオでハングルのことばを聴きながら、野球放送をき
きつつ帰ります。

さすが下関北浦地方。

場所によってはまるでFMの様に韓国放送が入ってきます。

韓国の攻撃。でもよくわかりません。


イワクマとかフクトメとか選手の固有名詞と、英語の野球用
語の説明、あと比較的やさしいハングル(ケンチャナヨ 大丈夫)とか
言う言葉はききとれます。
そして戦況にい思いを馳せます。

しかし、長く聞いていると、ハングル語であっても雰囲気でだんだん意
味が分かってきます。
韓国人の気持ちにも伝わるような気になってはいます。

ホームとも言える日本で相手方の実況を相手方の言葉で聞く。

これまた不思議で、新鮮なかんじですね。



------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

WBCから再び広がる?日本野球への大誤解

2009-03-08 - 13:36:13  投稿者:笠原さんご 

 WBCプールD、パナマチームの五番バッターは、フリオ・ズレータが打っている。中継画面には昨年の成績がスーパーで出るのだが、所属チームは千葉ロッテ「CHIBA LOTTE」。「MARINES」という言葉は見当たらない。
 実は、これこそが長くアメリカの野球ファンに大きな誤解を与えていて、多分今なお、この中継を見ている、今度は世界中のファンを悩ませているに違いない。
 つまり、日本人はロッテちゃんなんて、かわいらしい女の子の名前を球団名に付けるのか!と思われるので、もちろんそれ以前にスポンサーの企業名をチーム名につける風習が伝わらない。だから日本語で考えると千葉ロッテは千葉静香ちゃんとか、千葉玲様みたいな、なんだかよく解らない存在として世界中に認知されている。
 もっとも仮に巨人軍の李スンヨプが出場していたら「TOKYO YOMIURI」のYOMIURIってなんだ?ラテン語か?となるだろうし、もっと凄い玲もある。

 日本ハムファイターズは、日本ハムという食品企業が有するファイターズという勇ましい名のチーム、ではなく、日本にあるハムという名のチームだというのがアメリカの野球ファンの感覚で、しかもハムという言葉は英語の俗語でボンクラの代名詞なのである。日本語でいうと下手な役者を大根と呼ぶような、ね。
 著名なコラムニストのボブ・グリーン氏は、特に日本・ハムファイターズがお気に入りで、自身のラジオ番組で「ハムファイターズ」のコーナーを作った程だ。

 これらの話しは野球界では昔から有名な笑い話なんだけど、WBCの中継をきっかけに再び再燃するのは、ちょっと可笑しい。


------------------------------------------------------------
|| コメント0 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


カテゴリ: 野球も好きです

エースがフリーエージェント

2008-11-18 - 14:21:50  投稿者:やるって警備員 

巨人、中日、横浜のエースである上原浩治、川上憲伸、三浦大輔の三人がフリーエージェントと宣言した。上原、川上はメジャー挑戦、三浦は阪神が獲得に乗り出すようだ。巨人に関して言えば内海が成長しヤクルトから獲得したグライシンガーが活躍し坂本、鈴木尚広がレギュラーを取り長嶋政権時代に入団し原動力となった上原、清水、二岡が巨人を去る事になった。我がドラゴンズも川上が去り星野色の選手がまた1人消えた。落合ドラゴンズ一色になった。横浜も石井琢郎、鈴木尚典がチームを去ったり引退した。今年の西武ライオンズを象徴するようにプロ野球もいよいよ次世代の力へと移るようだ。(石井琢郎は広島へ入団。金銭トレードで森笠選手が横浜に入団しました。我がドラゴンズも中村紀洋がフリーエージェントを宣言。どうなる事やら。)


------------------------------------------------------------
|| コメント3 || トラックバック0 || 固定リンク ||
-------------------------------------------------------------


Prev [P.1/21] Next